取り付けたカシメを100円グッズを用いて取り外す方法

スポンサーリンク

レザークラフト中に取り付け位置を誤ったカシメを取り外したい

ココ

取り付けたカシメを取り外したいのだけど、どうしたらいいのかしら?

エン

カシメの周りの革を切り取ろうぜ

ユキ

いやいやそんな乱暴な。革は無傷ですませたいの。

 

こんにちは。みどりです。
今回は、一度取り付けたカシメを100円グッズを用いて取り外す方法を紹介します。参考になれば幸いです。
 
 

前提条件

カシメをはずすにあたって、以下の条件を満たすことにしました
 
○ カシメを取り付けている革は無傷ですます。
 
○ はずすための道具は安価にすます
 

用意する道具

用意する道具は以下のものです。
 
○ 捺印マット(1枚をカットします)
○ 両面テープ
○ ポンチ(はずしたいカシメの皿より一回り大きいサイズ)
○ くぎ
○ ハンマー
○ はさみまたはカッター
 

いずれも100円ショップで手に入るものです。

 

器具つくり

はじめに、カシメをはずすための道具を作ります。
 
①捺印マットをはさみやカッターなどで2枚にカットする。
 
 
②捺印マットにポンチを用いて穴をあける。
※穴のサイズは、カシメの頭より一回り大きいサイズ
 
「私は6mm頭のカシメを良く使うので、7mmポンチで穴をあけました。」
 
 
③両面テープを用いて穴をあけた捺印マット2枚を穴を重ねて固定する。
 
これで道具は完成です。
カシメをはずす道具

カシメをはずす方法

上記で加工した捺印マットくぎ取り外したいカシメを用意します。
 
今回は、差込錠を固定しているカシメを取り外します。
 
「うまく取り付けたと思ったら、そもそもの取り付け位置が違ったんだよね。ショック!」
 
「仕方ないので、取り外すことにするよ。」
カシメをはずす準備
それでは、カシメを取り外していきます。
 
①カシメを捺印マットの穴の上に置きます。
 
②カシメの頭に釘をのせます。
 
③その釘をハンマーで数回叩きます
 
これでカシメが外れます。
カシメをはずす方法
※釘やハンマーで怪我をしないように気をつけてください。
 

カシメを取り外した後の様子

釘でカシメの頭を打つと、以下の写真のように、頭がつぶれて足が外れます。
 
「うまく、穴の中に落ちて、とりはずせたよ。これで革を傷つけなくて済むな。」
カシメをはずした後
 
おしまい。最後まで読んでくれてありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です