ヌメ革のお手入れクリーム比較~王道4種・代用品3種~

スポンサーリンク

革のお手入れ用クリームやオイルはどれがいいのか

ココ

そろそろ、革のお手入れもできるようになりましょうか。

ユキ

調べたら、お手入れ用のクリームやオイルはいろいろあって迷っちゃう

エン

代表的なものを買って比較してみようぜ。ついでに代用品も。

今回はヌメ革を用いて革のお手入れに使うクリームやオイルの比較実験をおこないました。

比較したのは、ミンクオイルピュアホースオイルニートフットオイル皮革用クリーム
家庭での代用品として、オリーブオイルハンドクリーム、そしてヴァセリンです。

比較実験の結果を記事にすることで、参考になれば幸いです。

結果まとめ~毎日1か月塗り続けた結果はいかに!1年後の様子も~

毎日一か月間塗り続け、その後1年放置したときの経時変化を以下の図でまとめました。

それぞれのクリーム・オイルにはそれぞれ違った良さがあったので、詳細は記事を読み進めてください。

注意点として、撮影の素人がコンパクトデジタルカメラで撮影したので、室内灯の光の当たり具合などの撮影条件をそろえてまで撮っていないです。そのため、毎日撮った画像を見比べてみたら明度や色味のばらつきが生じていました。
上記の比較写真を参考にする際も、実際の変化より正確な表現ではないことを考慮ください。

結論を先にいえば、革のお手入れクリームやオイルを塗った後、窓辺で保管して一年経過後に分かったことは
色が濃くなった順は
ニートフットオイル ≒ オリーブオイル > ピュアホースオイル > ミンクオイル > ヴァセリン > コロニル1909 ≒ ニベア > なにもしない

革が柔らかくなった順
ピュアホースオイル >  ニートフットオイル ≒ オリーブオイル > ミンクオイル > ヴァセリン ≒ コロニル1909 ≒ ニベア ≒ なにもしない
の順でした。

なぜお手入れが必要なの?

レザ-クラフトを始めてから、チラチラと気になりだしたのは『革のお手入れ』。
それまでは革製品のケアってたいして意識してなかったです。
でも、レザークラフトの調べ物をするうちに、よく次の文言が目に付くようになりました。

革は手入れが大事
革は手入れが大事
革は手入れが大事

「そんなに大事なら、初心者ながらレザークラフトを嗜む者として、お手入れをマスターしようじゃないか。」
と、勢い込んでみました。

しか~し、
「ネット上にはお手入れ用品の種類がいっぱいある・・・どれを使えばいいの?」
ネットには情報があふれていました。

そこで、とりあえず情報整理から手を付けることにしました。
まずは、情報整理①『なぜお手入れが必要なのか』
次に、情報整理②『 お手入れ用クリーム・オイルの目的 』
をまとめました。

情報整理①『なぜお手入れが必要なのか』

レザー製品は、日ごろのメンテナンスを怠らなければ10年くらいは使うことができるが、
さぼると、

汚れたまま放置すると
・変色する
・カビが生える

乾燥すると、
・艶がなくなる
・傷がつきやすくなる
・ひび割れが発生する

水に濡れたり湿気がこもると、
・シミになる
・水ぶくれのように表面が凸凹になってしまったりする
・乾いたときに部分的に硬化する
・カビが発生する

耐熱温度( 60〜100℃程度 )以上の高温に晒すと、
・硬化する
・変形する

といったトラブルが発生する。

「あちゃ~、どれも心当たりがあるわ。夏に革カバンを車内に置き忘れたり、冬に革ブーツについた雪を落とさないままストーブの前に置いて乾燥させたり。」

「…(-_-;)。我ながらひどい扱いだな。だから、一部分だけ色が変わってたり、ひび割れてたりするのか。反省します。」

上記の様なトラブルを起こさないためには、
汚れをおとす
油分を補って乾燥を防ぐ
水分をつけない
高温の場所に置かない

といったお手入れが必要です。

情報整理②『 お手入れ用クリーム・オイルの目的 』

日ごろから、汚れはブラシで落とし、水分はすぐ拭きとり、高温の場所には置かないようにする。
といったことはできそうだけど、「油分を補う」ってのをどうするのかという疑問がわきあがります。

この「油分を補う」ために使用するのが、革製品用のクリームやオイルです。
そのほかに副次的な効果として、
・撥水性を持たせる
・カビを抑制する
・経年変化(エイジング)のなかでも色合いの変化を促進させる
といった効果が期待できるクリームやオイルもある。

使用する頻度は、「革が乾燥してきたな」と感じたら塗るくらいで十分。逆に塗りすぎると、余分な油分を栄養としてカビが発生しやすくなるから注意が必要とのこと。

比較実験に用いたクリーム・オイル

今回比較実験に使用したのは以下のクリームやオイルです。

ネット上でよく目にする王道として
・ミンクオイル
・ピュアホースオイル
・ニートフットオイル
・皮革用クリーム( コロニル 1909シュプリームクリームデラックス )

家庭にある代用品として
・オリーブオイル
・ハンドクリーム(ニベア)
・リップクリーム(ヴァセリン)

番外編
・手の皮脂
・ブラシでブラッシング

革手入れクリーム用品の候補

これらのクリームやオイルを 革の小片に 2020年1月1日から1か月間にわたって毎日塗りました。

本来、クリーム・オイルは多くても1か月に一回塗るくらいの頻度で十分な量ですが、
過剰に塗った場合も知りたくて、毎日塗ってみました。

ちなみに、毎日塗る条件のほかに、月に1回塗る条件も比べる計画でしたが、
1か月やったら、この作業に飽きてしまい、ほったらかしにしました。
そのため、1か月ごとの経時変化観察の計画はご破算です。

「いやぁ~、3日坊主ならぬ1か月坊主って感じです。」
「あえて言い訳するなら、毎日塗ってたら各種クリーム・オイルの特徴が分かってきたので満足しちゃったんだよね。」

それでも、保管は続けた(ただの放置ともいう。)ので、2021年の1月に1年経過したのを機に、1年後の経年変化を比較してみました。

保管方法

比較実験には、10条件の革の小片19枚(なにもしない小片1枚、毎日塗布用9枚、および1か月毎塗布用の9枚)を2セット(小片計38枚)用意しました。

1セットは、ケースごと窓辺に置いて日光浴させながら保管
もう1セットは、ケースごと紙箱の中に入れて遮光状態で保管しました。

保管方法
クリーム・オイルを塗った直後の革の小片2セット

ちなみに、実験環境は札幌で、
1月の室温は10度くらい、湿度は20%くらい の部屋で行いました。
(夏場は、最高室温35度くらいで湿度は80%くらいが1週間ほど)
「東京等の本州に比べたら、低温、低湿度、日射量も少ない環境なので、革の経時変化は小さいかもなぁ。」

比較実験の様子

それではこれから、ヌメ革を使って比較実験を行ったときの様子を紹介します。

条件1.何もしない

比較対象として、何もしないままの「塗布なし」革も用意しておきます。
イメージとしては、買ってきたまま使わずに保管している革を想定しています。
「そもそも、ヌメ革自体の経年変化も観察したいなぁ」

結果

ヌメ革自体の経時変化
保管方法の比較

注意:上記の比較写真の色の変化は、革自体の色の変化が小さかったため、それより撮影時の光の加減による変化が大きく影響してしまっているため、実物の色の変化をうまく表現できていないです。


何も塗らずに(「塗布なし」)保管方法だけ変えた場合の結果は、
・紙箱内で遮光保管したほうは、1年経過してもあまり色の変化はなく、元の白っぽいベージュ色のままでした。

・それに対して、光のあたる窓辺で保管したほうは、1年後には黄土色っぽい色になっていました。ただ、飴色といえるほどの色ではないです。

「革の醍醐味の一つのエイジングで飴色に成長させるというのは1年程度では、見られないようだね。」

条件2.手の皮脂

ネット上では、手の皮脂で触るだけでもお手入れできるとあったので、やってみました。
「ただ、冬場で手も乾燥しがちなので、あんまり期待できないだろうなぁ。」

結果

一年経過しても、「条件1.なにもしない」と変化が変わらなかったです。

しいて言えば、 色の変化もあまりないし、ひび割れもしていないし、カビも発生していないです。
「変化は分からなかったけど、1か月ナデナデして革の感触を味わうのは楽しかったな」

手の皮脂で革の手入れ
素手でナデナデ

条件3.ブラシ

革のお手入れの中で基本の「き」だと言われている ブラッシングだけでも効果があるのかを知りたくて試してみました。

はじめに、ブラシをかける目的は
・ 革にある無数の毛穴に塵や埃・汚れなどをため込めないようにする
・ 革表面の繊維を整えて細かいキズを目立たなくする
・ 革表面の繊維を整えて艶を生む

この目的を果たすためには、ブラシの種類を選ぶ必要があって、
・毛質が柔らかい馬毛ブラシは、細かな埃落としに向く。
・逆に、毛質が固い豚毛ブラシは、艶出しに向く。
とのこと、今回の実験では馬毛ブラシを用いました。

ブラシで革の手入れ
馬毛ブラシでブラッシング

結果

この方法も一年経過しても、「条件1.何もしない」と変化が変わらなかったです。
色の変化もあまりないし、 ひび割れもしていないし、カビも発生していないです。

「まぁ、埃を落としたくらいで目に見える変化は1年ではおきないのか。艶を出しを目的にして豚毛ブラシで試してみればよかったなぁ」

「ハッ、そういえば普段使っているヘアブラシは豚毛だったな。たしかにアレでブラッシングした後は髪がツヤツヤしているかも。髪に艶がでるなら、革にも艶がでるのかも。...どうだろう。」

条件4.ミンクオイル

革のお手入れ方法を検索すると、ミンクオイルというものが多くヒットしましたので、これも試してみました。

ミンクオイルとは、
ミンクというイタチ科の動物からとれる脂のことで、その他の成分として、ろう(パラフィン)や商品によってはワセリンが入っていることもあるオイル。

革にミンクオイルを塗る目的は、油分を補給することで、その結果として
・乾燥しにくくなる
・柔らかくなる
・撥水性が高まる
という効果が期待されるとのこと。

注意点として
塗りすぎるとカビが生えることがある

「ミンクってオコジョみたいな黒い動物でしょ。毛がフサフサで昔はコートのファーに使われていたアレか。」


塗ったときの感触

バターのような硬さのクリーム状なので、そのまま革に乗せたら薄く延ばせなくて部分的に厚塗り状態になってしまいました。
そこで、布ですくったクリームをいったん蓋の裏に少量を乗せてから、それを蓋の上で延ばしてから革に塗りました。この方法だと均一にぬれました。

ミンクオイルで革の手入れ
ミンクオイルを塗る

結果

ミンクオイルの経時変化
ミンクオイルでの経時変化

1か月間毎日塗ったら、
・元の生白いベージュ色からうっすら黄色味を帯びてきて少し黄土色に近づいた感じがした。

そのまま1年放置したら
・何もしない条件の革より茶色味が強い黄土色になった。
・革の硬さも何もしない条件の革より柔らくなっていた

「何もしない革より、ミンクオイルを塗った革のほうがエイジングしてるので、革をケアしてる実感があるなぁ。」

条件5.ピュアホースオイル

革のお手入れ方法を検索すると、 ミンクオイルのほかにピュアホースオイルとニートフットオイルがヒットしました。そこでまずは、ピュアホースオイルから試してみました。

ピュアホースオイルとは、
馬の油を精製したもので 純度100% の オイルのこと。最大の特徴は革への浸透力が高いこと。

ピュアホースオイルを塗る目的は、
浸透力が高いので革の内部まで油分を補うことで、その結果として
・革の内部で細菌を包み込んでカビの発生を抑える
柔らかくなる
・乾燥しにくくなる
・撥水性が高まる
という効果が期待されるとのこと。

塗ったときの感触

中身は白い塊状態だったのでミンクオイルのときと同様に、 布ですくった塊をいったん蓋の裏に少量を乗せてから、それを蓋の上で延ばしてから革に塗りました。

その後、夏になってから瓶を見ていると、透明なオイル状態に変化していた。
「劣化したのかと思って慌てて調べなおしたよ。そしたら、そもそもそういう性質のものらしい。固まってたら温めてオイル状にしてから使用するのがいいみたい。」

ピュアホースオイルで革の手入れ
ピュアホースオイルを塗る

結果

ピュアホースオイルでの経時変化
ピュアホースオイルでの経時変化

1か月間毎日塗ったら、
・元の生白いベージュ色からうっすら黄色味を帯びてきて、ミンクオイルを1か月塗布したものより黄色味がある黄土色に近づいた感じがした。もちろん、何もしない革よりも黄土色になっている感じ

そのまま1年放置したら
・ミンクオイルを塗布した革より茶色味が強い黄土色になった。
・革の硬さは他の9条件のどの革よりも1番柔らくなっていた

「他のどの条件より革が柔らかくなっている感じがする。二つ折り財布とかのケアに使ったらいいかも。逆に絶対型崩れしてほしくないものに塗るのは避けようかな。」

条件6.ニートフットオイル

次は、ネットで検索したときに多くヒットしたニートフットオイルを試します。

ニートフットオイルとは
牛の脚から取る液状の油分のこと

ニートフットオイルを塗る目的は
新品の状態のヌメ革は白色に近いベージュをしているが、ニートフットオイルを塗ることで飴色になり、まるで経年変化(エイジング)を速めたような風合いが期待できたり、 浸透力が高いので革の内部まで油分を補ったりできる。
経年変化のような色合いが出せる
・柔らかくなる
・乾燥しにくくなる

塗ったときの感触

塗り心地は、塗ったそばから染みこんでいくため薄く延ばして塗るのは困難でした。ただ、塗った直後は塗りムラができて塗りすぎた感じがしましたが、時間がたつと馴染んで塗りムラが見えなくなりました。

ニートフットオイルで革の手入れ
ニートフットオイルを塗る

結果

ニートフットオイルでの経時変化
ニートフットオイルでの経時変化

1か月間毎日塗ったら、
・ミンクオイルやピュアホースオイルをぬったものより茶色い黄土色になった。

そのまま1年放置したら
黄土色を通り越して茶色になった。
・硬さはミンクオイルと同じくらいで、ピュアホースオイルより硬いまま。

「革の色がずいぶん茶色くなってまるで別の革のようだね。たしかにニートフットオイルにはエイジングを促進したような効果があるみたい。」

条件7.オリーブオイル

次は、家庭にある代用品としてオリーブオイルを試してみました。
以前に「NPO法人 日本皮革技術協会 」の皮革講習に参加したときに、講師の方が「代用品の中でもオリーブオイルは使ったらダメだよ」って言っていました。しかし、怖いもの見たさで試してみました。

塗ったときの感触

塗り心地は、ニートフットオイルと同様に塗ったそばから染みこんでいくので、薄く延ばして塗るのは困難でした。でもニートフットオイルと違って塗りムラが残りがちでした。

オリーブオイルで革の手入れ
オリーブオイルを塗る

結果

オリーブオイルでの経時変化
オリーブオイルでの経時変化

1か月間毎日塗ったら、
ニートフットオイルと同じような黄土色になった

そのまま1年放置したら
・これまたニートフットオイルと同じような茶色になった。
・硬さもニートフットオイルと同じくらいの硬さになった。
・表面にうっすら小さな黒い斑点ができたようにみえる。
隣にあった革にオイルが移ったようなシミができていた。

「ほぼニートフットオイルと同じような結果になった。ただ、できた小さな黒い斑点が気になるな。もしかしてカビだったりして。それに、色移りならぬオイル移りするのか。オリーブオイル使うならニートフットオイル使ったほうがいいな。」

条件8.皮革用クリーム

皮革用クリームとして 「コロニル 1909 シュプリームクリームデラックス 」の無色バージョンを試してみました。

皮革用クリームとは、
皮革の色や艶を出したり、防水、汚れや傷などに対する保護機能などを持たせるためのクリーム

コロニル 1909シュプリームクリームデラックス とは、
1909年にドイツで誕生したレザーケアブランド ” Collonil “から発売されている皮革用クリームで、有機溶剤を使用せずに皮革への浸透力の高いシーダーウッドオイル、ラノリンなどの天然オイルを配合した最高級栄養クリーム。

コロニル 1909シュプリームクリームデラックスを塗る目的は、
浸透力の高く、皮革内部へゆきわたることで繊維に潤いを与え、深みのあるしっとりとしたツヤが生まれる。また、配合されているフッ化炭素樹脂が撥水効果をもたらす
・乾燥した皮革繊維に油分を浸透させ、繊維の肌理を整える
艶出し
・撥水性を持たせる

塗ったときの感触

塗り心地は、クリームの固さがちょうどよくて、薄く延ばして塗りやすいです 。それに加えて、香りが良くて、まるでお洒落な石鹸ショップに入った時のような感じを思い出しました。ちょっとテンションが上がります。

革靴用クリームで革の手入れ
コロニル 1909シュプリームクリームデラックス を塗る

結果

コロニル 1909シュプリームクリームデラックス  での経時変化
コロニル 1909シュプリームクリームデラックス での経時変化

1か月間毎日塗ったら、
・表面がうっすら光を反射している
・色の変化がほとんどなく、塗布なし条件と同じくらいの色をしている

そのまま1年放置したら
・表面がうっすら光を反射している
・色の変化は塗布なし条件よりほんの少し黄土色になっているようにみえる。ミンクオイルよりはベージュ色に近いまま
・硬さは塗布なし条件と同じくらいの硬さ

条件9.ハンドクリーム

皮革クリームの代用品としてハンドクリームのニベアも革の手入れに使えるとネットで載っていたので、試してみました。

ニベアとは
花王株式会社から発売されているスキンケアクリーム。
※「ニベア」とはラテン語で「雪のように白い」という意味 。容器は缶(中・大)とチューブがある。

塗ったときの感触

塗り心地は、クリームの固さがちょうどよくて、薄く延ばして塗りやすいです。
「まさにハンドクリームって感じ。」

ハンドクリームで革の手入れ
ハンドクリームを塗る

結果

ニベアでの経時変化
ニベアでの経時変化

1か月間毎日塗ったら、
・表面がうっすら光を反射している
・色の変化がほとんどなく、塗布なし条件やコロニルと同じくらいの色をしている

そのまま1年放置したら
・表面がうっすら光を反射している
・色の変化はコロニルと同じような色( 塗布なし条件よりほんの少し黄土色、ミンクオイルよりはベージュ色)
・硬さは塗布なし条件と同じくらいの硬さ

ほとんど「コロニル 1909シュプリームクリームデラックス 」と同じような効果を示しました。
「 数百円という価格に対して効果が大きいな。手のケアもできて、革製品のケアもできる一挙両得の優れものだね。ただ欠点は、正直なところ何年も塗り続けて大丈夫なんだろうかという一抹の不安があることだね。」

条件10.ヴァセリン

リップクリームとして買った”ヴァセリン”も皮革クリームの代用品になるとあったので試してみました。

ヴァセリンとは、
ユニリーバ社から発売されている世界中で愛されている保湿ケアブラン。商品の正式名称は「ヴァセリン ペトロリュームジェリー」。無香料・無着色・防腐剤無添加でお肌に優しく、成分は100%ピュアなワセリンでできている。(ワセリンとは、石油や鉱物油などから精製して作られたもの。日本では純度の高い「白色ワセリン」は第3類医薬品である )

革に塗ったときの感触

塗り心地は、粘り気が強いので薄くのばして塗るのが大変だった。しかも布クズがヴァセリンと一緒に革にくっついてしまって、取り除くのに苦労しました。

ヴァセリンで革の手入れ

結果

ヴァセリンでの経時変化
ヴァセリンでの経時変化

1か月間毎日塗ったら、
ミンクオイルと同じくらいの黄色味がついてきた

そのまま1年放置したら
ミンクオイルよりすこし明るい黄土色になった
・硬さは塗布なし条件と同じくらいの硬さ
「革の硬さを保ったまま、エイジングしたような色合いの変化をもたせることができるようだね。」

まとめ

革のお手入れクリームやオイルを塗った後、窓辺で保管して一年経過後に分かったことは
色が濃くなった順
ニートフットオイル ≒ オリーブオイル > ピュアホースオイル > ミンクオイル > ヴァセリン > コロニル1909 ≒ ニベア > なにもしない

革が柔らかくなった順
ピュアホースオイル >  ニートフットオイル ≒ オリーブオイル > ミンクオイル > ヴァセリン ≒ コロニル1909 ≒ ニベア ≒ なにもしない

の順でした。この結果と作品の用途にあわせてクリーム・オイルを選ぶといいと思います。



今回の比較実験をした結果、筆者は次のような使い分けをしようと思います。

○革製品の色合いや硬さをなるべく変化させずにケアしたい場合は、
→コロニル、またはニベア

色合いを素早く変化させたい場合は、
→ニートフットオイル

色合いをゆっくり変化させたい場合は、
→ミンクオイル、ヴァセリン、またはピュアホースオイル

革を柔らくしたい場合は、
→ピュアホースオイル


おしまい。
最後まで読んでくれてありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です