自転車用ライトの革製ケースの作り方 ~拝み合わせ縫い~

スポンサーリンク

自転車ライトを持ち運ぶための専用ケースを自作する

ユキ

新しく買った自転車用のライトを持ち歩くためのケースが欲しいよ

ココ

革で素敵なケースを作りましょう

エン

せっかくつくるのなら、使い勝手のいいものをつくろうぜ

 

こんにちは。みどりです。
今回は自転車用ライト持ち運ぶためのケースを拝み合わせ縫いで作りました。

 

作ってみての反省点を記事にすることで、参考になれば幸いです。

 

これが完成品です。

自転車ライト用革製ケース
 
 
ケースに収納しているのはキャットアイ社から発売されているUSB充電式ライトのVOLT200です。
 
私は普段、クロスバイクで通勤していますが、
 
帰りが遅くなったときに、今まで使っていたライトだと光量が足りなくて
 
暗い道を走行するのが不安だったんです。
 
 
そこで、光量の十分なこのVOLT200を買いました。
 
「いや~、種類が多くて選ぶのに散々迷ったね。ポイントは、光量、電源方式、価格かな。」
 
「本当は予算千円台で済ませたかったんだけど、十分な光量の商品がなくて迷ったんだ。」
 
「でも、お金をケチって暗い中走行した挙句に転倒して怪我したら、馬鹿みたいだなって思って予算を上げることにしたよ。」
 
「最終的に選んだこのライトだと、下の写真のように夜道を明るく照らすから、安心して帰れるわ。」

革製自転車用ライトの使用感

「さらに、電池式か、USB充電式かでも、迷ったんだけど、充電式をチョイスしたよ。」

「充電量が少なくなると電源ボタンが赤く光って教えてくれる機能があるから、予備電池を持ち歩かなくて済むのがいいのが選んだ理由だね。」

電池残量を知らせる

だいぶ話が脱線してしまいました。レザークラフトの話に戻りましょう。

この新しく買ったライトを持ち歩くためのケースが欲しかったので、

今回レザークラフトで作ることにしました。

 

制作意図

せっかく自作するのだから、以下の機能を持つように作りました。
 
フロント用のライトとバック用のライト、施錠用の鍵が収納できる
 
「ライトって夜間しか使わないから、日中はケースの中にまとめて入れて持ち運びたいな。」
 
 
ケースに入れたままでも自転車に装着できて、かつ、電源ボタンが押せる
 
「使うたびにケースから出し入れするなんて面倒くさいことはしたくないよね。」
 
 
オシャレである
 
「せっかく革で作るんだから、自慢できるものにしたいな。」
 
 
 
また、レザークラフトの技法の実験として、以下のことも試みました。
 
拝み合わせ縫いでケースをつくる
 
「せっかく手縫いで作るなら、ミシンでは作れない拝み合わせ縫いで作品を作りたいな。」
 
 
 
ちなみに、拝み合わせ縫いの縫い方は以下の記事で解説しています。興味のある方はどうぞ。

反省

実際に作ってみて、以下のような反省点がありました。
 
○フタをしたときにできる横の隙間が大きくて、中身が零れ落ちそうだった。
 
「設計段階では余り気にならなかったけど、出来上がってみると、フタをしたときに、横に収納した鍵が落ちそうな感じの隙間ができていたよ。」
 
「差込錠を取り付けた後だったから、修正が大変だったよ。」
 
差込錠を取り付ける前に、横の隙間の大きさをチェックしておけばよかったな。」
 
 
○組み立てる順番を間違った
 
「側面を縫ってから、底面をはめ込む順番で作ったけど、底面をはめ込むのが難しかったよ。」
 
「逆に、底面を側面を縫った後に、側面同士を縫う順番のほうがやりやすいかもしれないな。」
 
 

前準備

はじめにレザークラフト用の型紙をつくります。
 

構造の説明

今回作ったライト用ケースの構造をイラストを用いて説明します。
 
革製自転車用ライトケース 構造
以下の7つのパーツで出来ています。
 
①ライトの電源を押せるように円形の窓を開けた前面パーツ、
 
②自転車にケースごと取り付けることが出来るように長方形の窓をあけた背面パーツ
 
※背面パーツの上部を折り曲げて、フタとする計画です。
 
③直方体にするための側面パーツ2個
 
④ケース内部を2区画に分けるための中仕切りパーツ
 
⑤ライトの光を通すための窓を開けた底面パーツ
 
⑥ライトの落下を防止するための透明プラスチックでつくる底面カバー
 
⑦取っ手パーツ
 
 
前面パーツは背面パーツより幅を長くしているので、
 
これらを組み立てると、台形のケースが出来上がります。
 

型紙つくり

型紙はお絵かきソフトのGIMPでつくっています。
 
今回は厚さ2mmの革用に型紙を設計しました。
 
型紙から作るので、革で製作する前に紙で組み立ててみて、型紙を修正していきます。
 
「何回も作り直すから、ペーパークラフトがだいぶ上達したよ。ペーパークラフト作家になれるかも。」
cateye製volt200用ケースの試作品
 
 
 

パーツ製作

それでは、レザークラフトでケースを作っていきます。

 

型紙の転写と裁断

まず、作った型紙をコピー用紙に印刷して切り出し、
 
それを2mmの厚さの革の上におきます。
 
型紙の輪郭を目打ちでなぞることで、革に傷を付けます。
 
型紙を革に転写
※型紙の転写の方法を以下の記事にしています。興味のある方はどうぞ。
 
 
その後、革についた傷を目印にして、
 
別たちを用いて革を型紙通りに裁断します。
 
 
 

縫い穴をあける

裁断した革の上に再度型紙を置き、
 
あらかじめ型紙に印をつけてある縫い穴の位置を
 
型紙ごと目打ちで刺して、革に縫い穴位置の目印を付けます。
 
型紙を取り除き、その目印を菱キリで刺して、菱形の縫い穴をあけます。
縫い穴をあける
 
「菱キリは、刺す角度によって縫い終わりの糸目が変わるので、慎重に刺そう。」
 
※菱キリを用いた縫い穴の開けかたを以下の記事にしています。興味のある方はどうぞ。
 

 

窓を抜く

前面パーツの円形の窓、背面パーツの長方形の窓、底面パーツの長方形の窓を切り抜きます。
 
円形の窓を切り抜くときに、ちょうどいいサイズのポンチは持っていなかったので、
 
デザインナイフを用いて切り抜きました。
 
「正直、ポンチを使ったほうが楽だしきれいだな。まぁ、このサイズのポンチがないのだからしょうがないか。」
窓を抜く
 

底面パーツにプラスチック板の底面カバーを接着

底面パーツだけだとライトが落ちるかもしれないので、
 
落下防止のために、透明なプラスチック板をカバーとして
 
底面パーツにはりつけることにしました。
 
「設計上は、カバーが無くても落ちないはずだけど、念のためつけておこう。」
 
 
サイビノールでは接着できないので、G17ボンドを底面パーツとプラスチック板の両方に塗って、接着しました。
 
「カバーにボンドを塗るときには、窓部分に塗らないように注意しよっと。」
底にプラスチック版を貼る
 

床面処理

各パーツの革の床面にガラス板を用いてトコノールを塗ります。
 
「ライトを出し入れするときに、革に引っかからずにスムーズに出し入れ出来るようにトコノールでスベスベにしておこう。」
<