100均アイテムでレザークラフトの縫う作業を楽にする方法

スポンサーリンク

縫う作業中の悩み

エン

左の針と右の針が手の中でゴチャゴチャになってしまった!次に革に刺すのはどっちの針だっけ?

ユキ

中断したいときに、針がブラブラしていて、目を離すのが怖いわ。

ココ

対策を考えましょう。なにかいい方法があるはずよ。

こんにちわ。みどりです。

今回はレザークラフトでのメイン作業である縫う作業を楽にする方法を見つけたので紹介します。

 
 私が参考にしている書籍(『レザークラフト技法事典 クラフト学園虎の巻』)では縫製の時には、両手に針をもって交互に持ち変えて縫うと紹介されています。
 
 

 でも、実際にやってみると、初心者には大変だなと思いました。

 
 特に、以下のような悩みが出てきました。
 

○ 革に左側から刺した針を右手で引き抜くと、もともと右手に持っていた針と区別がつかなくなってしまった…

 

○ ひと縫いした後、両手で引っ張って糸を引き締める時に針が邪魔だ。

 

○ 針を手から離すと糸と絡み合ってしまう。

 
○ 一時、席をはなれた間に 、ブラブラしている針で家族やペットが怪我をしないだろうか。
  

100均のアイテムを使って思い付いた方法

そこで、思い付いた方法がこれです。

クリップをつかって楽に縫う

 
材料は100円ショップで手に入る以下のものです。
 ○ 目玉クリップ2個
 
 ○ 磁石2個
 
縫い目の前後の革にクリップを挟めて、そのクリップに磁石をくっつけました。

そして、縫ってる途中で針をその磁石にくっつけさせています。
 

効果

この方法を行うことで以下のメリットがあります。
 

1.両手があく

使っていない針を磁石に固定できるので、針を一本ずつ刺したり、引き抜いたりできます。
 
さらに、ひと縫いした後で両手で引っ張って糸を引き締める時にも、
 
両方の針を磁石に置くことで、両手を使えるので力加減がしやすいです。
 

2.中断しやすい

作業途中で席を立つときにも、磁石に針が固定されているので、
 
目を離した隙に家族やペットが机に置かれた針で怪我をする心配も減って安心です。
 

使用上の注意

ただし、難点があります。
 
クリップの挟んだ跡が少し革に付くので、
 
縫い終わった糸の上や、これから縫う穴の上にクリップを挟んだほうがいいです。
 
※ブックエンドと併用することで、解消されました。
 
 
私はこの方法でやり始めてから、縫う作業が楽になったので、おススメです。
 
おしまい。最後まで読んでくれてありがとう。
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です