初心者向けリングフィットアドベンチャー用革製カバーの作り方 ~型紙付き~

スポンサーリンク
ココ

リングコントローラーの持ち手に革製カバーををつけたら、さらに気分が高ぶるでしょうね。

ユキ

せっかく作るのなら、だれでも作れるようなカタチにして、みんなで楽しめるようにしましょう。


こんにちは。みどりです。

今回は任天堂の筋肉トレーニングゲームである
 
[リング フィット アドベンチャー]のリング型コントローラーに装着する革カバーを作りました。
 
今回はレザークラフト未経験者や初心者でも作成できるように、
 
入手しやすい素材と道具で簡単に作れるようにしました。
 
ぜひ、多くの人に筋トレとレザークラフトを楽しんでもらいたいです。

これが完成品です。
リングフィットアドベンチャー用の革カバー
リング型にフィットするようなつくりにしてあります。
 
「これで、筋トレ中も革の感触が楽しめるね。」
 
 
 
余談ですが、このゲーム、すごくいいです。
 
ゲーム中にでてくる敵を倒すためには、自分自身が筋トレをするのですが、
 
筋トレ自体は運動不足のわたしにはキツイです。
 
でも、相棒のキャラクターがすごく声かけをしてくれるので、がんばれてしまいます
 
 
 
私は過去に月額8千円くらいのフィットネスジムに1年ほど通ったことがあるのですが、
 
筋力が少なかったので、専用機械でなくても自重トレーニングで十分だと判断して辞めました。
 
でもその後、家で自重トレーニングをしたかといえば、3日くらいでやらなくなってしまいました。
 
「筋トレを習慣にするのは難しいな。楽しくないし。だれも見てないし。」
 
 
そんなわたしでも、このゲームは続いています。
 
購入してから4週間たちましたが、3日に1回20分くらいの頻度で行っています。
 
「筋肉痛がなければ、毎日でもプレイしたいんだけどね。」
 
「でも不思議だよね、なんでこのゲームだと筋トレをやりたいと思うのかな?」
 
「ノリノリのテンションで運動姿勢がうまく出来ているとほめてくれるし、乱れていると指摘してくれるからかな。」
 
「ほかには、キャラクターのレベルが上がっていくし、筋トレの種類は小出しに解禁されていくから成長を感じられるからかな。」
 
「とにかく、ゲームとして楽しいな。」
 
ちなみに、プレイ中はフィットネスジム通いで学んだ以下のことを注意しながら遊んでいます。
・運動中は呼吸に注意して、吐く、吸うをしっかり行う。
・回数は10~15回で「もう出来ない」と感じる強度で行う。
・動かす筋肉を意識しながら行う。
 
すみません。熱中してしまい、レザークラフトの本題から外れてしまいました。
 
以下から、革製カバーの作り方を説明していきます。

制作意図

製作に当たっては、以下の機能を持つように作りました。
 
○ リングコントローラーにフィットした形状となること
 
○ カバーの着脱が簡単にできること
 
 
また、レザークラフト経験のない人も真似出来るように、
以下のことにも気をつけました。
 
○ 入手が簡単な素材や道具をつかうこと
 
○ 製作工程が難しくないこと 
 

反省

実際に作ってみて、以下のような反省点がありました。
 
○ スナップボタンの取り付け位置をもう少し内側にすればよかった。
 
「スナップボタンはカバーをリングにつけたときにフィットする位置にしたが、プレイ中にリングを握りこんでいくうちにカバー位置が少しずれるな。」
 
「握りこむことを考慮して、もう少し内側でもよかったかも。」
 
 

前準備

材料と道具

今回の革カバーは、レザークラフトの専用道具は使用せずに
 
写真のような身近で入手できる材料と道具でつくれるようにしました。
必要な道具
○材料
革(125mm×175mm)、2枚(100円ショップであるセリアで購入)
 
刺繍糸、一束 (100円ショップで購入)
 
スナップボタン、2組 (100円ショップで購入)
 
○道具
カッター
 
カッター板
 
目打ち
 
縫い針、2本(家庭用)
 
磁石、数個
 
マグネットシートを貼った金属板
 
※写真には写っていないですが、そのほかに
まち針、1本
 
糸切りバサミ
 
を使用しました。
 
「本格的なレザークラフトでは、針は先端が丸くて強度のある専用の針を使うんだけど、今回は革が薄いので家庭用でも代用できるよ。ただし、先端が尖っているので十分怪我には気をつけてね。」

 

型紙

以下の写真のような型紙で革カバーを作りました。
 
型紙は記事の最後にPDFをダウンロードできるボタンをつけているので、
 
興味のある方はそちらから保存してください。
試作品と型紙
ちなみに、写真右横の4つは試作品たちです。
 
「リングにフィットさせるのって意外と難しいんだね。」
 
「最初は単純に、四角形の革を巻きつければいいと思ったんだけど、うまくいかなかったわ。」
 
「何回か紙やフェルトで試作品をつくって、この型紙の形にたどり着いたよ。」
 

制作過程

工程の説明

今回の作業工程の流れを説明すると、以下の5工程になります。

 
工程1:型紙の準備をする
 
工程2:革に型紙を転写する
 
工程3:革を裁断する
 
工程4:縫って立体的に仕上げる
 
工程5:スナップボタンをとりつける

 

工程1:型紙の準備をする

型紙の準備をする工程を行います。
 
 
 
まずは、型紙をコピー用紙に印刷します。
 
次に、コピー用紙に印刷した型紙の輪郭をカッターでなぞって、型紙を切り出します
型紙の切り出し
 

工程2:革に型紙を転