革包丁を研いだら切れなくなった原因を考える

スポンサーリンク
ココ

アッ、研いだら以前より切れなくなってしまっている。ショックだわ。

ユキ

落ち着いて、切れなくなった原因を考えて、次に活かせばいいのよ。


こんにちは。みどりです。
今回は、革包丁を研いだら、残念ながら切れなくなってしまった経験を記事にしました。
今回のわたしの失敗が読者の参考になれば幸いです。

「がんばって研いだのに、切れなくなった。切れなくなった。切れなくなった。・・・悲しいな。」
 
 
 

研いだ後の状態

革の端を削ぐときに、抵抗なくスパ~と削ぐことができる状態を目指しました。
 
が、残念ながら以下のような状態になってしましまいました。
 

状態1:刃先の角度

研ぎ初めの角度が30度くらいの革包丁を角度20度を目指して研ぎました。
 
研ぐ前
 
 
研いだ結果、角度10度くらいになっていました。
 
「あれ、想定以上に薄くなってる???」
研いだ後
 
 
ちなみに、今回研いだ革包丁は週刊誌「はじめのてレザークラフト」の付録の革包丁を研ぎました。
 

購入直後のレビューは以下の記事にまとめましたので、興味のある方はあわせてどうぞ。

 

状態2:外観

刃裏側からみて、革包丁の右端が他の部分より削れてしまっていた。
 
「あれ、一部分だけ多めに削れている???」
欠けた
 

状態3:切れ味

革を削ごうとすると、この短くなった部分が革に食い込んでくれないので、削ぐことが出来ない。
 
「!!!、切れない。笑えるほど、なまくらになってしまっている。」
切れない
 

失敗の原因考察

みごとに失敗したので、次に活かすために今回の原因を考えました。
 

勉強不足

原因の一番はやはり、研ぎに対する勉強不足ですね。
 
ネット上で紹介されている研ぎ方を真似てやってみたのですが、
 
そもそも、どうして研いだら切れるようになるのかという
 
研ぎの本質がわかってないことが失敗のおおきな原因だとおもいます。

 

トゲールの装着位置

今回研ぐ際に、刃先の角度を固定するために、
 
料理用包丁研ぎの補助具である「トゲール」の背をくりぬいて利用しています。

加工

 

このトゲールの装着位置を割り出す計算方法がまちがっていました。
 
刃先の角度20度になるために、下の図のように三角比(タンジェント)を用いて計算したところ、
 
刃先から44mmの位置にトゲールを取り付けました
 

間違ったトゲールの装着位置

しかし、よくよく考えると、三角比は直角三角形で使用するものなので、

正しくは下の図のように考えないとダメでした。

計算しなおすとトゲールの装着位置は刃先から約25mmの位置でした。

トゲール装着位置

正しい位置より2倍もはなれた位置に取り付けていたので、
 
想定より刃が寝てしまい、刃先が20度ではなく10度になってしまっていました。
 
次回は、刃先から25mmの位置にトゲールを取り付けたいと思います。

 

 

トゲールの加工方法は以下の記事にまとめましたので、興味のある方はあわせてどうぞ。

研ぐときの力のかけ方

研いでいるときの力のかけ方が良くわからなかったので、
 
奥に押し出すときに力をかけて研いでいました。
 
そうすると、今回一番削れていた刃裏から見て右端部分を一番砥石に押し付ける形になるので
 
他の部分より多く削れたのだと思います。
研いでいるときの力のかけかた
 
次回は手前に引くときに力をかけてみたいと思います。
 

砥石が水平でない

研ぎ終わって砥石を観察すると、下の図の赤枠で示したように、
 
砥石の真ん中ばかりがへこんでいました
 
ということは、水平でないところを前後に動かしていたことになるので、
 
動かすことで砥石にあたる刃先の角度も微妙に変わっていたと考えられます。
 
このことも切れなくなった原因かもしれないと思います。
1000番の砥石
 
3000番の砥石
 
次回は砥石が水平であることを確かめながら研ごうと思います。
 
 

切れなくなった研ぎ方

今回どんな研ぎ方をしたら失敗したのかを振り返ってみました。
 

砥石を購入

私は100円グッズの砥石(120番と320番の両面砥石)しかもっていなかったので、

ちゃんとした砥石が欲しいなと思ったので1000番と3000番の両面砥石を購入しました。

前準備

前準備としてまずは、革包丁にトゲールを装着します。

ただし、トゲールの装着位置は誤った計算で割り出した44mm位置で取り付けていました。

トゲールを装着
 
 
次に、砥石をバッドに入れて水道水に10分ほど浸しておきました。
砥石を水につける
 

1000番砥石で研磨

革包丁の斜めになっている面を1000番の面に斜めにあてて、
 
力を入れて奥へ押して、
 
力を抜いて手前に戻して
 
という操作を繰り返しました。
研いでいるときの力のかけかた
 
 
「おっ、刃先の斜めになっている部分が2段になってきた」
研いでいる最中
 
「なんか、刃先がギザギザしてきたけど、大丈夫かな?」
刃がボロボロ
 
 
刃先の段が1段になったら、裏返して
 
刃裏を数回砥石上で前後させました。
100番で研ぐ2
 
ここまで3時間くらい。
 

3000番砥石で研磨

革包丁と、砥石を洗ってから
 
革包丁の斜めになっている部分を3000番面に斜めにあてて、
 
力を入れて奥へ押して、
 
力を抜いて手前に戻して
 
という操作を繰り返しました。
 
3000ばん砥石
 
しばらくしたら裏返して、刃裏をとぎました。
3000番で研ぐ2
 
両面がなんとなく光ってきたら、
 
刃先に手をあてて、尖っていることを確認しました。
研いだ後
 
研ぎ完成!!
 
「でも、がんばったのに、切れなかった・・・」
 
 
反省を活かして次回がんばります。
 
 
 

次回に向けて

今回の反省を活かして次回は
○ 研ぎについての勉強をする
 
○ トゲールを装着位置を刃先から25mmの位置にする
 
○ 研ぐときに、手前に戻すときに力をかける
 
○ 砥石が水平状態であることを確認する
 
 
 
 
 
おしまい。最後まで読んでくれてありがとう。
 
 
 
追記:今回の失敗の反省を活かして改めて革包丁を研ぎました。

その様子